トップ  >  LED照明

LED照明

LED照明

  • ●他社の商品とどう違うの?
    世界初!!安定器ナシのLEDで寿命の問題を解決しました。
    業界初!!保護等級IP67を取得 完全防水タイプで結露の問題も解決しました。
    お客様の安心をもとにこだわった設計に徹しています。

     
  • ●LEDは高いのではないですか?工事代もね。
    今までご使用の蛍光灯に比べると買う場合の価格は、高いと思います。
    しかし消費電力が1/2~1/5に大幅削減ができますので、商品の買い替えスパンでみていただくと安い買い物になります。

     
  • ●本当に電気代は安くなるの?
    具体的に言いますと、使用電力量が1/2~1/5になります。昨今電気料金が大幅に値上げをされていますので、比較にご注意ください。また基本料金も下がる可能性もあります。

     
  • ●3年から4年で切れたらどうなるの?
    弊社は3年保証をさせていただいています。3年を経過されていた場合新たに購入いただくことになります。

     
  • ●LEDって水とかに弱いのではないですか?
    本プラン用に開発された安定器を使用しないLEDは、保護等級の最高と言われる完全防水仕様(IP67)ですので、水対策は万全です。結露も入りません。

     
  • ●LEDに変えると見栄えが悪くなるのではないですか?
    弊社では、試算表の提出時に導入させていただくLED製品をご持参し店頭テストおよび設置テストの提案をしています。お客様の厳しい目でご確認ください。オプションにて、演色性95の超自然な光のお届けも可能です。(演色性100は太陽光です)


     
  • ●LED照明は、本当に省エネになるのか?
    LED照明の中には、器具の安定器を使用するものや、別売りの安定器を使用するものがあります。LED照明自体の消費電力だけでなく全体の消費電力を見て判断してください。弊社商品にも、安定器内臓タイプと安定器が別のタイプがございます。弊社では安定器などのすべての使用電力にて表示しています。

    弊社製品では、既存の蛍光灯などに比べ次のように省エネが可能です。
  • 蛍光灯 約50~75% 節約になります。
    白熱球 約70~90% 節約になります。
    水銀灯 約65~90% 節約になります。

     
  • 一般的に知られていないことなのですが、既存の照明設備であるところの蛍光灯をはじめ水銀灯では3年以上経つと安定器の消費電力著しく上がっていきます。例をあげると、40W蛍光灯のグロータイプの消費電力は安定器込みで約80Wにもなるのです。(10年経過商品)

     
  • ●LED照明は、本当に長寿命なのか?
    LEDメーカーのカタログを見ると、どこのメーカーも定格寿命4万~5万時間を表示しています。LED蛍光灯は、その名の通り半導体です。半導体自体は半永久的と言われていますが実は熱に弱い特性をもっています。
    4万時間というのはあくまでも理論値に過ぎませんので、今検討中のLEDがあれば熱対策はどの様にしているのかを見極め、2-3日の連続使用してみてLEDの表面温度が50℃以下であるかどうか見てください。

    まずはサンプルを取り寄せて、既存の照明との比較(明かりの保全)をした後に連続使用による熱対策を行って全体購入をお勧めします。(※日亜の発表ではチップ温度が80度になると寿命は8000時間だそうです。)

     
  • ●LED照明は、様々な価格がありますが何が違うのでしょうか?
    価格が最優先にきていて、安さのみに飛びついたが暗くて使えないとか、熱を持つけど大丈夫とかのご意見をよく耳にします。LED照明は消耗品ではなく設備投資と思って慎重に行ってください。
プリンタ用画面

ログイン【ゲスト】

カスタム検索

ユーザー名:

パスワード:

パスワード紛失




メンナビ


おススメサイト
 
スマートホーン・モバイル